読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20週間でイノベーションが起こせる組織開発ガイド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

「耳」で健康管理![デジタルヘルスDAYS2015特別レポート]その7

医療法人の組織活性化に効く!
 
[Sat. 12 Oct, 2015] 小1息子のサッカー練習試合。朝から3チーム巴戦。息子はボテボテのゴロが誰もいないコースにハマって、1点ゲット。その後、体力の無さを露呈し棒立ち・・・(T_T)
 
さて、前回に引き続き「デジタルヘルスDAYS2015」レポート、今回は第7回です。
 
リアルタイムにお話を伺いながらTweetしたメモからの抜粋に、ちょっとした感想を加える程度ですが、LIVE感がお伝えできれば幸いです。
 
尚、日経デジタルヘルスに記事が出たものがあれば、リンクを貼ります。
 
今回取り上げるのは健康管理はイヤホンをつけるだけ?!

f:id:shyamamo:20151012175841j:plain

<Tweetはここから>
  • サルーステック”耳があなたの体を語ります” H-Ear イヤホンかヘッドホンで音楽聴きながらも空気室を閉鎖してバイタル計測
  • サルーステック”H-Ear” アダプター使用->スマホでバイタル信号を表示  各社イヤホン/ヘッドホンでOk
  • サルーステック”H-Ear” 耳内を3Dスキャン->成型->自身の耳にぴったりのイヤホンが出来上がり
 
 
----------
最近、群雄割拠の「ウエアラブルデバイス」。
 
Apple Watchも健康管理デバイスとしての特長を、押してきていますね。
 
ところで、通勤や通学に「イヤホン」で耳学習する方は、多いでしょう。
(自身も必須です)。
 
この「イヤホン」から、各種バイタルサインを入手するという、ユニークな技術があります。
 
これならば、リストバンドも不要・・・
腕時計もせず、落としてしまいがちな活動量計も不要・・・
(当方、本棚の後ろ側に落としてしまい、まだ見つかっていません・・・涙)。
 
ぜひとも、いろいろな形で市販化を願います
--------
 
 
ところで・・・
 
お金では解決できない、病院内の多職種間連携、コミュニケーション、人財教育にお悩みを抱えるリーダー、経営者さんにおすすめの情報です。
 
当方が実際に介入している施設・法人での組織活性化事例に加えて「未来を語る」時間の重要性、「場」作りの方法や、コミュニケーションの実施例をお見せします。
 
また、職員さんとのコーチングで皆が「笑顔」で「元気」になれる「レゴ® シリアスプレイ® メソッドを用いた対話術」も体験できますヨ。
 
イノベーション経営に欠かせない「共感」の創り方、語りませんか。
10/23(Fri.) 第4回 @東新宿にて