読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20週間でイノベーションが起こせる組織開発ガイド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

「職種間、診療科の間のコミュニケーション不足」を感じている方へのアドバイス頂きました(その1)

医療法人の組織活性化に効く!
 
[Wed, 14 Oct, 2015] 昨年までコーチを務めていた「エンパシーライティング」。共感される文章を書くための設計図を6分間程度で創りあげてしまう、凄い手法なのです。今回、インタビューに取り上げられました(汗)。もしもあなたが「メールの返信がなかなか貰えない」「共感すると、組織は変わるのか?」「なぜアイディアを躊躇なく捨てられるのか?」これらにご興味あるならば、まずは読んでみることをおすすめ致しますね。
 
さて、今回のテーマは
職種間、科の間のコミュニケーション不足
これ、以前とある医師の方からの問題提起として挙がってきたものです。
 
このGAPを解消するために「職場コミュニケーション、どうしていますか〜?」というアンケートをさせて頂きました。
 
頂いた回答、何回かに分けてご紹介しましょう。
ズバリ、少人数ディスカッションをしています。
 円滑なコミュニケーション等組織の活性化には、根本的な要素として各自の自発性が必要と考えています。
 
 ただ、自発性は内面から湧き上がるものなので、リーダーが「自発的に行動してね」と言っても効果がないというのが実感です。
 そこで、私の組織では4~6人くらいのグループに分かれて理念、ビジョン、計画、手段などをテーマにしたディスカッションを開催しています。
「意見交換と共に相手のことをよく知ってくださいね」という投げかけも添えます。
 
 私の組織でも目下取組み中であり、時間、期間をじっくり割いて、少しずつ相互理解が進んでいる状況です。
 また、私自身意外と仲間のことを知らないことが多く、率先して相手の理解をしなければいけないなと思っています。
 
 蛇足ですが、自発性とモチベーションは近いものがあると思っていて、ダニエルピンクの「モチベーション3.0」を時々読み返しています。
 
これ、素晴らしいことですね!
 
自発的な行動って、人から言われて出来るなんて、全く期待できません。
理念やビジョンの浸透、これも時間がかかります。

f:id:shyamamo:20140828201245j:plain

2020年に職員全員が120%満足して働いている、そんなビションとは?

 

ご回答の方の組織の経営者さんは、とても辛抱強く、またポジティブな考え方の持ち主なのでしょう。
 
また、モチベーション3.0はとってもイイ話なので、当方も動画をiPhoneに入れて、たまに聞き直していますヨ
 
以上、匿名1さんからのご回答でした。
 
あなたもまずは、ダニエル・ピンクの書籍をオーダーしてみませんか?
----------
 
 
そうは言っても、ブロックを使うなんて、ふざけてるのかって怒られそうです(泣)!
 
はい、厳しい現実もあるでしょう。
 
だからこそ、リフレッシュすることで雰囲気を変えてみませんか?
 
「今日だけは、いつもとは違う非日常を楽しみましょう!」と声をかけるために・・・
 
当方が実際に介入している施設・法人での組織活性化事例を踏まえて、「未来を語る」時間の重要性、「場」作りの方法や、コミュニケーションの実施例をお見せします。
 
また、病院職員さんとのコーチングで皆が「笑顔」で「元気」になれる「レゴ® シリアスプレイ® メソッドを用いた対話術」も体験できますヨ。
 
イノベーション経営に欠かせない「共感」の創り方、語りませんか。
10/23(Fri.) 第4回 @東新宿にて