読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20週間でイノベーションが起こせる組織開発ガイド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

ベストセラーになっている戦略書をいくら読んでも、あなたの組織でイノベーションが始まらない理由とは? -Amazon15年ランキングから紐解く課題

【特別企画】ベストセラーになっている戦略書をいくら読んでも、あなたの組織でイノベーションが始まらない理由

 

元ネタはこちら・・・

toyokeizai.net

 

イノベーションに関連する書籍が、これだけランクインしているのが驚きです(下段をご参照ください)

 

クリステンセンの書籍は2001年〜ですからロングセラーだとして、2012年に翻訳版が出たBMGやリーン・スタートアップが堂々のランクイン!

 

それでも、あなたの組織からはイノベーションの「イ」の字も感じられない?

なぜなのでしょう?

 

実は、戦略・戦術以前に必ず必要なことがいずれの戦略・戦術本には書かれていません。。。汗

 

そのMissingピースとは・・・

 

「チームのつくりかた」

 

もちろん、ビジョンやミッションの重要性、マネジメントについては、このランキングの中にもおなじみドラッカー関連やビジョナリー・カンパニーなど名著が多数見受けられますよね。

 

一方で・・・ 

あなたが生み出した「スゴい」アイディアを、隣の同僚に共感してもらう方法、そしてチーム・組織で共有し、皆のアイディアに昇華させる方法は、どこに書いてあるのでしょうか?

 

それが初めて明かされたのが・・・本書!

amzn.to

 

残念ながら2015年の出版ホヤホヤ故のランキング外ですが、これをまずはお読みになることで、以下、ランクインした戦略書を「あなたの組織の」どこで、どうやって、誰と活かすのか、というストーリーを描くことができるのですヨ。

 

もし、あなたが何かを変えたい、新たな価値を生み出したいと思っているならば、下記の戦略・戦術本たちは立ち読みで選ぶとして、その前に、Start Innovation〜を購入しお読みになることを、超絶オススメ致します

 

著者のハイス・ファン・ウルフェン氏は本年6月に来日、その際のインタビュー記事からも、組織におけるイノベーションの「始め方」を学ぶことができます。

bit.ly

 

彼が来日した際の学びを、病院組織に活かせるような視点から共有致しましょう。

  1. 孤軍奮闘はダメ〜イノベーションは一人では出来ない
  2. プロジェクト進行は秩序ある順番、時間軸に沿ったアクションが大事
  3. 現実離れし過ぎたものは選ばない
  4. 顧客(患者だけでなく)の声こそ活用しよう
  5. ビジネス・ケース(費用対効果)に立ち返る

 

さぁ、あなたも「イノベーション」と無関係だと思っている同僚に「同じことをしているならば、昨日からの進歩はない」とつぶやいてみませんか?(笑)

 

f:id:shyamamo:20151108013544j:plain

2015年6月、ウルフェン氏の来日の様子

----------

 

 

14  ストーリーとしての競争戦略   東洋経済新報社 2010/4/23

amzn.to

 

20  イノベーションのジレンマ―技術革新が巨大企業を滅ぼすとき  翔泳社 2001/7/1

amzn.to

 

28  ビジネスモデル・ジェネレーション ビジネスモデル設計書 翔泳社 2012/2/10

amzn.to

 

50  リーン・スタートアップ 日経BP社  2012/4/12

amzn.to