読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20週間でイノベーションが起こせる組織開発ガイド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

なぜ自信たっぷりのアイデアが受け入れられないのか?!

医療法人の組織活性化に効く!
 
[Sat 7 May, 2016] 娘が中学受験をしたいといって4年生の時から塾に通っています。今年は6年生となり、勉強時間が増えてきました。そして塾のテキストの難易度もグングン上がっています。算数の問題、手強いんです・・・。どうしてこんな問題を、小学生からやるのだろう(自身、ど田舎・公立育ちで東京の競争環境と全く無縁で、今でも理解できません)、とは言え娘の意思を尊重して、寄り添って行かねばならないなぁと、今日も図形や数式に立ち向かう土曜の朝です(汗)。
 
 
さて今回は、 自信たっぷりの企画書を上司からダメ出しされてばかりのスタッフさん向けのお話。
 
 
「なぜ自分のアイデアが、なかなか受け入れられないんだ・・」とお悩みでしょう(汗)。
 
 
実は、そのアイデア、おそらく上司だけでなく、誰に言っても受け入れられません。
 
 
なぜ、受け入れられないなのか?
その背景にあるのは・・・
 
 
イデアはあなたの「子ども」。
 
 
実の子どもは、カワイイですよね。
愛していますよね。
 
 
また、お祖母ちゃんもお爺ちゃんも、ちやほやしてくれますよね。
 
 
あなたの親族は、皆さん、カワイイと言ってあやしてくれますね。
 
 
ところが・・・
 
 
お隣さんのお子さん、愛していますか?
 
「愛しているほどではないけど・・・」
 
これが本音ではないでしょうか。
 
 
いかがでしょう。
思い当たることはありませんか?
 
 
つまり、自分のアイデアには深い思い入れがありますが、一方、他人のアイデアにはそこまでの思い入れがないのです。
 
 
結論から言えば、周囲から受け入れられるアイデアは「皆の」アイデアでなければいけません。
 
 
そうは言っても、・・・(涙)・・・とお悩みですよね。
 

いい方法があります(笑)。
 
 
「第三者の声」を使うのです。
 
 
つまり、アイデアをすぐに「お客さま」に話してみましょう。
 f:id:shyamamo:20160507104118j:image
(お客様の声を聴く練習中)
 
 
肯定、否定、いろいろ意見が貰えるでしょう。
 
 
肯定されればしめたもの!
 
 
否定されても、その意見を元にアイデアを改良、改善すれば良いのです。
 
 
でも、どうやって?
 
 
こちらでアイデアを「テストする」方法を、体験しませんか?
 
 
 
 
----------
アンケート「イノベーションに関する現況」について
もし未回答でしたら、一言お聞かせください
 
 
 
----------
山本伸が関与する公開イベント、登壇予定等
 
5/22(日) BMIAヘルスケア分科会
ヘルスケア分野におけるオープンイノベーション研究会 1st
 
 
 
6/5(日) 相手のビジネスモデルを創ってあげられるコンサルタントになる
(残席わずか)
 
 
 
 
これでダメなら何を読んでもダメ!
成果をあげるチームを創る3ステップが書かれていますヨ

f:id:shyamamo:20160303020547j:plain