読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20週間でイノベーションが起こせる組織開発ガイド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

遅延も脱落もなく、全てが達成できるプロジェクトの進行方法とは?

医療法人の組織活性化に効く!

ヘルスケアのチーム・ビルディングに最適!

オープン・イノベーションメソッド
 
[Fri.. 12 Aug, 2016] 。お盆の最中ですが、上越新幹線の指定席は、空席があり余裕がありました。事前のえきねっと予約のおかげです。指定席なのに15%、早くから確保できれば35%もの割引なんです!これは、お得度が高すぎる・・・知らずに1年近く通っていたのが、嗚呼、勿体無い(泣)。
 
 
4/21にKick-offワークショップからスタートした大誠会イノベーションプロジェクト
認知症300PJ
 
 
日本初のFORTHメソッド事例となる本プロジェクトは今晩、15週の旅を終えたコアメンバーから最終報告のプレゼンテーションが終了。
 
 
これにて全て計画どおりに成果物を創造し持ち帰り、無事帰還!
 
 
2つのミニ事業案が、本格開発に向けて優先的に選択されました(パチパチパチ)。
 
 
プレゼンテーションには「カレーライス」「割烹着」「地蔵」が登場したり、最新テクノロジーの活用に唸らされたり、少し先の"当たり前"を先取りする企画も魅力度が相当高く、真打ちは発表の応援に「小松姫」まで登場!

f:id:shyamamo:20160812190556j:plain

 

 

「どの案も全部凄い、続けたい」「プレゼンテーションに心が揺さぶられた」「もっと知りたい」等、前向きなコメントも忌憚なき改善アイデアもいただき、2つの案を次のステップへ受け渡します。
 
 
このメソッドを信じて突き進んだプロジェクトメンバー全員に最大の敬意を表すると共に、大英断して下さった部長さん方々、理事長に最大の感謝の意を表します。
 
[Final Presentation has been done]
The1st FORTH innovation project successfully completed. 2 mini new business cases have been selected to move forward for our new business.

f:id:shyamamo:20160814231250j:plain

 
さて、・・・
 
 
病院・介護施設という業態の特性上、メンバーの中にはどうしても、参加できない部分が出てきてしまったりで、全員が100%フル参加できたわけではなく・・・
 
 
もちろん、ビジネス思考や方法論が初めてのメンバーも少なくなく、進行に困難を極めたことも少なくありませんでした。
 
 
それでも全員の方向性はしっかりと定まり、時が経つにつれて、一体感は強固なものになっていったのです。
 
 
何よりも今回のFORTHイノベーション・メソッドが「計算され尽くした」方法であり、単なるツールの羅列ではない、プロジェクトを成功に導く「プロセス」であったことを、ファシリテーターとして強く確信できました。
 
 
開始前から、ファシリテーターである当方がそれを信じて疑わなかったのも、成果が出たことには無関係ではないでしょう。
 
 
そうです、自身ファシリテーターとして、FORTHメソッドの進行には「ほぼ100%」マニュアルに忠実に従ったのです。
 
 
医療法人グループが故に、なかなか十分な時間が捻出できず、実は本来確保すべき時間の半分から2/3程度しか活動できなかったことが、唯一の逸脱(バリアンス)でした。
 
 
それでも9人のコアメンバーと、4名のサポートメンバーは、期待される成果物を全て創造し、計画どおりに全てを成し遂げることが出来たのです。
 
 
メンバーの皆さんには、本当に敬意を表します。
 
 
ということで、旅路をイノベーションの冒険地図に重ね合わせてみると、メンバーとの長く濃く熱い時間が思い出されます。
 
 
雰囲気だけでも、感じていただければ幸いです。
---------------------------------------------------------
 
 
全速前進でスタート!Full Steam Ahead
2/10の方針決定ワークショップから、メンバー選定、スケジュール調整、使命の文章化、そしてキックオフ!

f:id:shyamamo:20160814230124j:plain

 
 
観察と学び Observe & Learn
ポジティブなインプット、ネガティブなインプットを6週間かけて実施。
視野を広げ、先入観や思い込みを外すことが目的です。

f:id:shyamamo:20160814230317j:plain

 

 

イデアを出す Raise Ideas

十分なインプットを重ねたメンバーは、自然とアイデアが溢れ出る状態。

808枚のアイデアを創出することは、決して難しいことではありませんでした。

f:id:shyamamo:20160814230448j:plain

 

 

イデアをテストする Test Ideas

プロトタイプやUXを準備する前に、文章ベースでの新コンセプトを早速、顧客にテストすると、この時点でアイデアの良し悪しが判別できる=無駄な試作の費用と時間が削減できるのです。

f:id:shyamamo:20160814230631j:plain

 

 

帰還 Homecoming

持ち帰ったいくつかの宝(新コンセプト)をミニ事業案として、経営陣に報告。

今回は2つのケースが、次のステップへ進むことが決定されました!

f:id:shyamamo:20160814230810j:plain

 

---------------------------------------------------------------------------

 
 
今すぐイノベーションを起こし始めなければならない!
しかし・・・というあなたへ
 
こんな疑問をお持ちではありませんか?
これが知りたい、とお考えではありませんか?
 
  • 本当に、今イノベーションが必要なのか?
  • なぜチームを創る前に方針を決定しなければならないのか?
  • イノベーションの使命とは?
  • イデア創出チームの創り方
  • 忙しい忙しい忙しいと言い訳されたときの対処法
  • 上司が好きにやらせてくれないとしたら?
  • イノベーションを冒険の旅に例えるのはどうしてか?
  • 冒険に先駆けて何を準備すべきか?
  • 想定ターゲット顧客は誰にすべきか?
  • なぜフォーカス・グループインタビューが必要なのか?
  • インタビューが苦手で自信がない・・・
  • 思い込み、先入観を完全にフラットにする方法
  • なぜ、たった2つの問いかけで本音を炙り出せるのか?
  • トレンドやテクノロジーは、どこまで調べると良いのか?
  • 顧客の不満は、市場調査にお願いすればよい?
  • イノベーションの実例として何を選べばよいか?
  • なぜ「観察と学びワークショップ」を4回も行うのか?
  • ブレインストーミングを社外へ出て合宿で行う意義
  • 本当に500個もアイデアが生み出せるのか?
  • 「大量に出せるなんて思っていなかった」看護部長の心境の変化
  • 大量の付箋をグループ化せずに、90分間で10数個に絞り込む方法
  • 一人のアイデアが、全員のアイデアになる過程で何が起こっているのか?
  • 声の大きな人、権限者に影響されないドット投票の極意
  • イデアを新コンセプトにする「型」とは?
  • なぜ、プロトタイプを創らずに顧客テストをするのか?
  • 正味3日間で120件以上のアンケート調査を実現した方法
  • 徹底的に顧客の声にこだわるのはなぜか?
  • 新コンセプトを一つに絞り込まない理由
  • 素人でも、たった60分間でビジネスモデルを理解・分析できる方法
  • なぜ、PCを使わずにプレゼンテーションを練習させるのか?
  • 1週間ごとに集合して、進捗確認する理由
  • 調査やインタビューを繰り返す効果効能
  • なぜ発表の途中、他のメンバーが泣き出すのか?
  • 15週間を通じて、遅延も脱落もなく全てが達成できる理由
 
 
日本初のFORTHメソッド事例を完遂した、日本人第1号のFORTHファシリテーターとして、全てにお答えすることが出来ます。
 
 
どうぞ、ご自由にお気軽に、お声がけくださいね。
 
 
ちなみに、・・・ヘルスケアビジネスをたった2時間で知り尽くす、9月から始まるこの会↓↓↓に起こしくだされば、交流会のお酒の席で、赤裸々に詳細を語ってしまうかもしれません(笑)
 
 
----------
これでダメなら何を読んでもダメ!成果をあげるチームを創る3ステップ
 
本気で組織を「蘇らせたい」部長さんへ