読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20週間でイノベーションが起こせる組織開発ガイド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

病院組織イノベーションに繫げる学習環境の”場”づくりを実現せよ[書評]

医療法人の組織活性化に効く!

ヘルスケアのチーム・ビルディングに最適!

オープン・イノベーションメソッド

 

[Fri., 07 Oct Aug, 2016] 2年前、独立当初のこと。実は相当資金繰りに悩んでいました。生活出来ないわけではなかったのですが計画は甘すぎました。半年ほど、ホント苦しかった・・・何とか最悪の事態を脱し法人化してから、1年が経ちました。強固でスケーラブルなビジネスモデルなんて、一人では出来ないと悟りこの1年は専ら、徹底的に「先にGIVE」方式で、少しずつ、少〜しずつ回り始めている気がします。
----------

 


書評:医療・社会福祉法人「経営変革」の教科書

f:id:shyamamo:20160918114158j:plain

 

【ヘルスケア・イノベーションに繋がる学習環境の"場"づくり】

 

経営とは環境適応であり(p.20)、戦略と実行「力」を計測していくプロセスである。


同時に「社会要請への対応」と「社会貢献」の双方の視点から社会的責任活動を積み重ねよう(p.69)。


そのために「法人理念」を明確化し、組織に浸透させる仕組みが肝要だ。


自身、介入先では「理念の可視化」に注力し、誰もが「心に映す」ことが出来るような理念の構築が得意であり、大変共感するフレーズである。


戦略とはカーナビのルート選択(p.75)であり、なぜその道を選んだのか明確に説明できれば、組織・職員が同じジグソーパズルを描ける。


組織と職員の状態を「満足度調査」である「ES21」というアンケートで、法人と職員の関係性を見える化すれば、職員の意欲を上下させる「意識の所在」を発見できる(p.137)。


「私の法人はきちんと学習環境を用意してくれている」と安心してもらう(p.199)、つまり「学習環境の場づくり」をレベルアップするために、組織成熟度350点を目指すべし。


即効性の高い考え方、フレーム、ツールが詰まった医療・社会福祉法人経営のバイブル!

地域包括ケアシステム時代に勝ち残る 医療・社会福祉法人「経営変革」の教科書

地域包括ケアシステム時代に勝ち残る 医療・社会福祉法人「経営変革」の教科書

 

 

 ※速報

筆頭著者の渡辺充彦さんと山本伸がコラボして、本書を極めて短時間で読み解く「Read For Action読書会」+「著者直伝セミナー」を開催します。

 

11月4日(金)午後、場所は銀座!

http://rfa04nov.peatix.com/

 

 

心から実現したい「地域包括ケア」を、対話で描きたい理事長さん、リーダーさんは今から都合をつけておいてくださいね!

 

 

----------
ヘルスケアデザイン・プロデューサー養成プログラム
新シリーズ開始します!
http://lmdprfa2016oct.peatix.com

なぜ、読まなくてもよい読書会なのに
参加者全員とすぐに仲良く一体感が高まり
盛り上がりすぎて帰宅が遅くなってしまうのか?


2時間でヘルスケアイノベーションを学ぶ!
Read For Action読書会型ワークショップ
http://lmdprfa2016oct.peatix.com


----------
これでダメなら何を読んでもダメ!成果をあげるチームを創る3ステップ
http://amzn.to/1RvxikB


本気で組織を「蘇らせたい」部長さんへ
http://amzn.to/2aDmWj0

他職種のヒエラルキー、開発と営業部門間、スタッフと役員、・・・「言えない」ので「言わない」硬直化した組織を本気で変えたい人は、本書が必読です!