読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20週間でイノベーションが起こせる組織開発ガイド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

観察する>すぐ創る>発見する>コンセプトを語る>顧客体験を変えられる

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!

異業種共創型でヘルスケア分野に

オープンイノベーションを起こしてみている

 

[Sun., 18 Dec, 2016] 一般社団法人ビジネスモデルイノベーション協会のBMIAコンサルタント応用講座、第3回(ValueProposition Design)の2日目です。

 

日曜の渋谷の朝は、静かです。。。

 

昨日は15時までしか参戦していませんでしたが、参加者のみなさまは、百貨店の観察からのクイック・プロトタイピング。

f:id:shyamamo:20161218235527j:plain

コラージュ作成時に、間違えてなぜか「Shizuoka」と入力してしまいました...爆

 

 

今朝は、時間が30分前倒しとなり、その創作したプレゼンテーションから開始されました。

 

どのチームも、土曜午後のリアルな百貨店観察の結果に基づく、迫力あるコンセプトが描かれていましたよ。

 

そのまま上の模型を、某社に提案に行きたいくらい、リアリティが高く質が素晴らしかったです。

 

そして本日は、Value Proposition Canvasの分析フェーズの活用法から、創造(アイデアを創出する)に活用するためのプロセスを、まさに共創。

 

顧客が何かを購入したり、サービスを利用したいという「動機」。

 

それを購入し、サービスを利用することで成し遂げたい「JOB」。

 

結果得られる便益=想定内、望ましい、想定外の嬉しいこと。

 

達成できないのはなぜ?障害、壁、不満・・・。

 

現状の解決策・・・不満のまま。

 

それをどう解決できるのか・・・提供価値。

 

顧客に提案する価値を創るためには、実際に観察したり体験したり、見て聞いて触って、そして自身で手を動かして作ってみて、口にして語ってみる。

 

こうすることでの発見や学びを通した共感が、一段上の提供価値を生み出していくことになるのです。

 

ご参加の22名の皆さん、ありがとうございました。

 

 

----------

 

そうはいっても、具体的にどうすればいいの???

 

成功事例や他社に学びましょう。

 

事前準備や調査は不要。

書籍だけ持ち寄ればOK!!!

その場で全員が参加し、学び合い一気に盛り上がれます。

 

読まずに持参するだけでOK!

分厚い専門書もビジネス書も、たった2時間半で

全員が熱く語り、学びを深めてしまう

 

そんな場をガイドできる!

極めて短時間で、周囲を巻き込める

ファシリテーターになりませんか?

http://www.almacreations.jp/seminar/semdetail_af.html?mode=view&pmid=3171&semno=1&af=00000000004193

(満席御礼、あと2席追加!)

 

 

 

そうは言っても、いきなりファシリテーターになれるわけないよ!

そんなあなたには、読まずにOKの読書会に参加しましょう

なぜ、読まなくてもよい読書会なのに

参加者全員とすぐに仲良く一体感が高まり

盛り上がりすぎて帰宅が遅くなってしまうのか?

 

その答えは、ここに来れば明らかになる!

 

2時間でヘルスケアイノベーションを学ぶ

Read For Action読書会 12/26() 18:45-


 

 

読書会?

そうですよ!

日記バイオテクONLINEに、その効果効能が唄われていますよ!!

bio.nikkeibp.co.jp