読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

20週間でイノベーションが起こせる組織開発ガイド

たった20週間で、バラバラだった個人を一つに束ねビジョンを打ち出す「組織開発」プログラムの赤裸々なノンフィクションあれこれ

コミュニケーションの土壌に欠かせない共感の創り方

全く初めての方が来ても19分間でアイデアが100出せた方法〜区民を巻き込むイノベーションの始め方:第9章

組織活性化に、コミュニケーションの土壌づくりに効く!
異業種共創型でヘルスケア分野に
オープンイノベーションを起こしてみている

[Tue., 21 Feb, 2017] ご縁がある文京区在住の有志の皆さんと新たなプロジェクトが始まっています!

全てを記録し、備忘録として公開することで「生活者」発のイノベーションを、どのように始め、何を成果物として共に創り出せるのか?

失敗も成功も、オープンに共有することにします

--------------------

 

第1章)始まりは方針決定
第2章)巻き込む
第3章)キックオフ
第4章)先行事例は? <- 前回
第5章)テクノロジーとトレンド
第6章)顧客の不満をあぶりだす
第7章)機会を探る
第8章)観察と学びを皆で共有
第9章)アイデアを爆発させる <- 今回
第10章)新コンセプトを文章化する
第11章)テストで仮説検証
第12章)生の声がアイデアを進化させる
第13章)9分間で事業案を創る
第14章)最終発表会
第15章)本格始動に向けて
----------

 


前回の振り返り(第4章〜第8章)

*顧客の不満をあぶり出すためのロールプレイを、みっちりと練習しました

 

 

さて、第3回の今回は、千駄木駅から徒歩10分

閑静な住宅街の中にある、素敵なスタジオにて開催

 

 

初めてのご参加が3名いらしたので、皆さんでチェックインの「Speak & Listen」

ファシリテーターとして、すかさず落書き!

f:id:shyamamo:20170224133944j:image

 

 

場が和んだところで、FORTHメソッドの説明

そしてこの会が始まった経緯と、第2回までのいきさつを共有

 

前回同様、宿題(観察と学び)の共有からスタート

 

BUT・・・口頭での説明が続く・・・

「カーーーット!」

 

 

人間の記憶は、3秒まで

それ以後は、誰も覚えていられない!

 

だから我々の会議は、ツマラナイし

お偉いさんだけが、

年長者だけが、話し続ける

 

権威勾配、つまりヒエラルキー

 

会議やブレストの場"だけでも"

ぶっ壊さなきゃ!!!

↓↓↓

f:id:shyamamo:20170225061913j:image

 

 

だから、書いて共有する

見せたいものがあるならば、写真を印刷して掲示する

 

そして発表するのは、3つだけでOK

・何を調査したのか?

・最も印象的だったことは?

・我々として、何が学べるか?

 

 

これをパワーポイントにて綺麗にするのは不要

手描き、印刷をお互いに持ち寄り、

部屋の壁中に貼りまくるのだ

 

 

こういうアナログで、ノウハウとは思われていないことこそ

イノベーションを起こせる組織学習には欠かせないものです

 

 

次は、インタビュー結果の共有

 

幸い、2名の継続ご参加者が、ご自身の娘さんや奥様に対してヒアリングをしてくださいました

 

それを、当方でバリュープロポジションキャンバスの顧客プロフィールに描いていきます

 

中学3年生の娘がいるお母さん

f:id:shyamamo:20170224134015j:image

 

 

小学生から高校生まで、4人の子沢山お母さん

f:id:shyamamo:20170224134025j:image

 

「なぜですか?」

「どうしてでしょう?」

 

掘っていけば、出る出る、本音!

 

 

興味深いPain・Gainが見つかったので、

早速、この解決策や実現案を

ブレインストーミングします

 

ここからは、各自が壁に向かって、

まずは一人で黙々とアイデア出し

f:id:shyamamo:20170224133926j:image

 

 

5分間経ったところで、皆で壁に張り出しながら共有 

f:id:shyamamo:20170224134129j:image

 

さらに、4分間経ったら、皆で共有

f:id:shyamamo:20170224134151j:image

 

この時点で、69個の付箋が出揃いました

 

頑張って100まで出そうということで、

今度は「もし〜〜〜だったら?」のテクニックを投入

つまり、その〜〜〜になりきって、発想するということ

 

 

もしディズニーの世界の中にいたら・・・?

f:id:shyamamo:20170224213847j:image

 

もしAppleジョブズ)だったら・・・?

f:id:shyamamo:20170224213902j:image

 

もしStar Warsの世界の中にいたら・・・?

f:id:shyamamo:20170224213913j:image

 

もしLEGO社の中のひとだったら・・・?

f:id:shyamamo:20170224213923j:image

 

 

非日常的な状況に向かわせることで、

ユニークなアイデアが出やすくなります

 

 

8分間のアイデア出しの結果を、

共有してみると・・・

f:id:shyamamo:20170224134230j:image

94個達成〜!

 

せっかくなので、あと6つ、絞り出してもらって、

(この間、2分間)

 

無事に100達成しました!!

f:id:shyamamo:20170224134243j:image

 

そうなんです、やり方さえ選べば、

途中で判断や批判をしなければ、

誰がやっても結果が出ます

 

イデアを考え出した時間は、

延べ5+4+8+2=19分間のみ!!!

 

効率的でしょ?(笑)

 

 

最後に、これらの中から、

各ペアが2つ、選抜してくれました

f:id:shyamamo:20170224134336j:image

 

あまりにもユニーク過ぎて、

具体性に欠けますが・・・(汗)

 

続きは宿題とします

 

コンセプトシートに落とし込んで、

周囲の対象者にヒアリングしてもらい

結果を持ち寄って頂きましょう

f:id:shyamamo:20170224214944j:image

 

いよいよ3月には、第4回で

ビジネスモデルを創ります!

 

乞うご期待!!

 

 

 

----------

NTTアドバンスドテクノロジー・BMIA理事の三宅泰世さんと共に「Learning by doing=行いながら学ぶ」機会を新川崎 創造のもり、そして(一社)Read For Action協会でご提供しています

 

ご興味あって、本気で2017年は一歩踏み出したい、というイノベーション担当のあなたは、ぜひ我々と一緒に共創致しましょう!

(残り2回 3/10 and 17のみです)

https://www.read4action.com/business/workshop/

 

当方らで、幾つもの実績を重ねてきています

 

f:id:shyamamo:20170224215009p:image

イノベーター(候補)にお会いできる機会を、さらに創り続けています

どこかでお会いいたしましょう!

 


----------

もし、あなたの組織内で
イノベーションを起こしたい!

ならば、まずは「読書会」から
始めてみませんか?

↓↓↓
なぜ、読まなくてもよい読書会なのに
参加者全員とすぐに仲良く一体感が高まり
盛り上がりすぎて帰宅が遅くなってしまうのか?

その答えは、ここに来れば明らかになる!

 

3/27 医療イノベーションの本質



読書会?
そうですよ!
日記バイオテクONLINEに、その効果効能が唄われていますよ!!

nkbp.jp